SMILE office DENTAL CLINIC

西野本院
北海道札幌市西区西野2条6-2-10フェリス西野1F
011-668-6681
地図で見る
山の手院
札幌市西区山の手1条6丁目5-15エルム山の手1F
011-643-6486
地図で見る
旭ヶ丘院
札幌市中央区南11条西22-2-8旭ヶ丘みたかマンション1F
011-552-3266
地図で見る

WEB予約はこちら

アクセス

【CASE09】矯正治療とインプラント治療を行なった症例

case09.術前術後写真

札幌市内にお住いの30代男性の矯正治療とインプラント治療によって噛み合わせと審美性の改善を図った治療をご紹介します。

・担当歯科医師
 スマイルオフィスデンタルクリニック
 理事長・西野院長 越前谷 澄典(えちぜんや すみのり)
 >> 越前谷先生のインプラント治療実績について
 >> 1日インプラントAll-on-4(オールオン4)について

インプラント治療前のお口の状態

case09.インプラント矯正治療前の口腔内写真

虫歯がかなり進行している状態で来院されました。長い期間虫歯を放置した結果、前歯も奥歯も歯がないため、見た目も気になりますし、噛めなくて困っている状態でした。

特に問題なのが左右の奥歯です。

case09.左右の上の奥歯が挺出している状態

歯が噛み合っていない状態が長く続くとどんどん歯が挺出していきます。

写真でもわかるように上の奥歯が下の歯茎に触れそうな状態です。この状態のままでは下の奥歯にインプラントや入れ歯を作ろうにも入れるスペースがありません。

歯を失ってしまったり、虫歯が進行して歯根しか残っていないような状態、つまり上の歯と下の歯で噛み合っていない状態をそのままにしていると治療がとても大変になってしまうのです。

>>噛み合わせが悪くなる原因

こちらの患者さまはこれを機会に見た目も噛み合わせもしっかり治したいということで矯正治療とインプラント治療で審美性と噛み合わせを改善していくことになりました。

インプラント治療前の矯正治療

case09.矯正治療期間中のプロビジョナル

矯正治療とインプランント治療の両方を受けられる患者さまは多くいらっしゃいますが、基本的には最初に矯正治療で歯を動かしていきます。

ある程度、歯並びが整ったタイミングでインプラントを埋入していきます。こちらの患者さまは下顎の前歯の部分だけの矯正治療でしたので、矯正を始めて1年くらいでインプラントを埋入していくことになりました。

その間、噛めずに前歯もない状態というのは非常に大変ですので、上顎は仮歯のブリッジ、下顎は入れ歯を使って頂きました。

case09.矯正治療前、治療後のパノラマレントゲン写真

挺出していた左側の上の奥歯ですが、下顎に入れ歯やインプラントをつくるためのスペースを生むために大きく削ることとなり、残念ながら歯の神経を抜くことになりました。

歯を放置していると歯が挺出し、挺出してしまった分、歯を削らないといけなくなります。歯を抜いたままにしていたり、虫歯の歯をそのままにしてしまっている方には、このことを知って頂きたいです。

case09.下の前歯の矯正治療前、治療後の写真

10ヶ月程で下顎の前歯が綺麗に並んできました。下顎の前歯の場所が定まったのでそれに合わせて奥歯にインプラントを埋入していきます。

インプラント治療

case09.インプラント手術前後のパノラマレントゲン写真

上下含めて10本のインプラントを埋入しました。インプラント埋入後は上顎は約6ヶ月、下顎は約3ヶ月ほどのあいだ、骨とインプラントとが結合するまで待ちます。その後、インプラントにアバットメントを装着して上部構造を作成していきます。

全顎的な治療となりますので、インプラントの上部構造だけでなく、残っている歯(天然歯)の被せ物も製作していきます。こちらの患者さまは天然歯の被せ物もオールセラミックを選択されました。

噛み合わせを確認しながら進めるためにもインプラントの上部構造と天然歯の被せ物の製作を歯科技工士と連携を取りながら行いました。

矯正・インプラント治療後

case09.矯正・インプラント治療の術前術後の写真

こうした矯正治療とインプラント治療を両方とも行うような全顎的な治療は非常に治療期間が長くなりますので、患者さまのご協力がなければ成り立ちません。

しっかりと通院することはもちろんのこと、ご自宅でのホームケア(歯磨きなど)が不十分だと虫歯が進行してしまい治療計画が変わってしまうからです。

こちらの患者さまは初めて来院されてから治療が終わるまで3年ほどかかりましたが、しっかりと通院して頂けたので矯正治療もインプラント治療も無事に終わりました。

最適な治療計画を一緒に考えます

今回ご紹介した症例では、ご自身の歯を残して、矯正治療とインプラント治療で見た目と噛み合わせの改善を図ました。

治療期間は3年、埋入したインプラントは10本です。

もし、こちらの患者さまが上下とも1日インプラントAll-on-4(オールオン4)を選択されていれば、治療期間は半年、埋入したインプラントは8本で済みました。

もちろん、どちらが正解というわけではありません。

「治療に費やすお金や時間がかかってもいいから今ある歯を残して治療して欲しい」という方もいらっしゃいます。

「治療に費やすお金や時間をかけずにすみ、見た目も良く、しっかり噛めるようになるのであれば、今残っている歯を抜いて治療しても構わない」という方もいらっしゃいます。

その方のご年齢や何本歯を残すことができるか、将来的に歯を失ってしまうリスクがどれくらいあるかによって考え方は変わってくるものだと思います。

そのため、スマイルオフィスデンタルクリニックではなぜ今のお口の状態になってしまったのかという原因をしっかりと調べ、そこから将来的な欠損リスクを予見したうえで、患者さまと一緒に最適な治療計画を立ててまいります。

※インプラント治療の注意事項
・外科治療が必要となります。
・骨の状態によっては仮歯を固定することができず入れ歯を使用する場合もあります。
・治療後の口腔管理が不適切な場合、インプラント周囲に感染、炎症が起きることがあります。
※インプラントは保険外診療です
費用:インプラント(1本)・・・30〜35万円(税抜き)

・インプラント治療のご相談はスマイルオフィスデンタルクリニック西野院まで
札幌市西区西野2条6丁目2-10フェリス西野1F
TEL:011-668-6681

・LINEでのご相談はこちらまで
>>LINEでのチャット相談について