\お気軽にお問い合わせください/

WEBからのお問い合わせはこちら

札幌で親知らずの抜歯をするなら
スマイルオフィスデンタルクリニック

TOP 〉札幌で親知らずの抜歯をするならスマイルオフィスデンタルクリニック

大学病院レベルの技術力:
難症例にも対応

当院には親知らずの抜歯の専門家である「口腔外科医」が在籍しています。

  • First Point

    口腔外科医のご紹介

    スマイルオフィスデンタルクリニックには、大学病院の歯科口腔外科に長年在籍し、日本航空外科学会の認定医を取得した口腔外科の専門家が在籍しています。通常、大学病院に紹介される難しい症例であっても、当院で対応が可能です。。

    歯学博士/日本口腔外科学会認定医/日本口腔インプラント学会専修医/臨床研修指導歯科医

    伊藤 勝敏Katsutoshi Ito

    【経歴】
    2001年
    北海道医療大学歯学部卒業
    2001年〜2015年
    北海道医療大学歯学部口腔外科
    2010年
    日本口腔外科学会 認定医取得
    2016年
    日本口腔インプラント学会 専修医取得
  • Second Point

    歯科用CT(三次元立体画像撮影装置)による事前の診査診断

    親知らずの抜歯は一般的な治療ではありますが、安易に処置をしてしまうとリスクのある治療でもあります。

    特に「埋伏智歯(まいふくちし)」「水平埋伏智歯(すいへいまいふくちし)」「完全埋伏智歯(かんぜんまいふくちし)」といったように、親知らずがしっかりと生えていなく、少し埋まっていたり、真横を向いていたり、歯茎の中に埋まっていたりする親知らずは、大きな血管や神経と距離が近いことが多く、慎重な診断が必要です。

    もしも間違って大きな血管や神経を傷つけてしまうと多量の出血や一時的な麻痺が生じる危険性もあります。
    そのため抜歯前のレントゲン撮影による診断はとても重要です。
    一般的には二次元のレントゲン撮影(パノラマ写真)で診査診断を行いますが、スマイルオフィスデンタルクリニックでは三次元で撮影できる歯科用CTで撮影します。

    歯科用CTは一般的に利用されている二次元レントゲンと比べ、神経や血管の位置を正確に把握できます。

  • Third Point

    親知らずを抜歯する基準

    親知らずを抜いた方がいいですか?と聞かれることがよくありますが、必ず抜歯しなければならないものではありません。
    お口全体の噛み合わせのバランスなども考慮して、歯として機能していれば抜歯しなくても大丈夫なこともあります。

    しかし、親知らずがあることで、虫歯の温床になる可能性があり、隣の歯に悪影響を与えてしまう場合や、親知らず自体が炎症を起こしたり、嚢胞ができたりと、リスクの方が高いと判断した場合は抜歯をおすすめします。

    抜いた方がいい、抜かなくても大丈夫という判断は患者様だけではできませんので、まずはご相談ください。

  • 4th Point

    親知らずはいつ抜いた方がいいのか?

    歯医者さんで抜いた方がいいと言われたけど、特に違和感も感じないためそのままにしているという患者様は少なくありません。
    また、難しいから大学病院で抜いてもらった方がいいよと言われるとますます足が遠のいてしまうという患者様も多いと思います。

    親知らずは年齢とともにどんどん骨と癒着していきます。
    20代の親知らずの抜歯と50代の親知らずの抜歯だと、親知らずが骨と癒着しているため50代の抜歯のほうが難しいです。そのため出来るだけ早いうちに抜歯することをお勧めします。

    また、もしも親知らずが炎症して痛みなどを感じてしまうと麻酔が効きにくいため、すぐに抜歯することも難しいです。
    痛みがあるなか、まずは消炎処置を行い、あらためて抜歯する予定を組む必要があります。
    痛みはいつやってくるかわかりません。仕事や用事などで忙しいなか急な痛みが起こると通院も大変です。

    親知らずは痛みなどの症状がないうちに、早めに抜いておいたほうが術者も患者様も非常に楽です。

親知らずの抜歯に関して
お気軽にご相談ください。

今すぐ抜くか抜かないかは別として、ご自身の親知らずが抜歯したほうがいいのか、抜かなくても大丈夫なのか、抜歯するにあたって簡単なケースなのか、難しいケースなのかなどご自身の親知らずの状態を知っておくことはとても大切なことです。

患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。

ご相談はこちら

INFORMATION