\お気軽にお問い合わせください/

WEBからのお問い合わせはこちら

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/smileoffice/smile-office-dental.com/public_html/wp-content/themes/smile2020_theme/single.php on line 54

インプラントImplant

TOPインプラント

インプラントオーバーデンチャーについて

2024.01.16

1. 入れ歯の不快な症状を解消できる治療法

「噛めない」「痛い」「味がしない」
入れ歯を利用されていてそのような不快症状でお困りのかたはいませんか?
インプラントオーバーデンチャーはそうした入れ歯の不快な症状を解消することができます!

総入れ歯や部分入れ歯を利用されていてお悩みのかたにお勧めなインプラントオーバーデンチャーについてご説明します。

2. インプラントオーバーデンチャーとは?

通常の総入れ歯は歯茎の上に装着するだけです。
そのため、入れ歯がずれないように、歯ぐきと入れ歯をしっかりと吸着するようにピッタリと合うように入れ歯を作る必要があります。

しかし、徐々に歯茎は痩せていき、作った時よりも入れ歯と歯茎に隙間ができるようになり入れ歯が合わなくなりズレてしまいます。

インプラントオーバーデンチャーは入れ歯をインプラントで支える形になるため、従来の入れ歯に比べて維持がよく、安定性に優れ、しっかり噛むことができるようになります。

義歯が外れてしまう心配も解消されるため、食事も会話も快適に楽しむことが可能となります。

3. インプラントオーバーデンチャーの特徴

インプラントオーバーデンチャーの最大の特徴は、インプラントが入れ歯を支えるということです。
インプラントは生体親和性の高いチタン製のため、顎の骨としっかりと結合します。

このことを「骨結合(オッセオインテグレーション)」と言いますが、顎の骨にしっかりと固定されたインプラントに入れ歯を装着しますので、ただ歯茎の上に入れ歯を装着するよりも快適な生活を送ることが可能となります。

4. インプラントオーバーデンチャーとオールオン4との違い

インプラントの本数の違い

オールオン4の場合、上顎でも下顎でもインプラントの埋入本数は最少でも4本が一般的です。

一方でインプラントオーバーデンチャーの場合、下顎は最少2本ですむため、手術の負担が大きく軽減されます。

取り外しができるかできないか

オールオン4はインプラントと歯の部分(上部構造)とがネジで固定されます。
そのため患者さまはご自身で外すことができません。
だからこそご自身の天然の歯のように食事も会話も楽しむことができるのがオールオン4の最大のメリットです。

インプラントオーバーデンチャーはインプラントと入れ歯が固定されるわけではなく、ご自身で外すことができます。

全くずれないということはありません。
それでも通常の入れ歯に比べると不快感は大きく軽減されます。

スマイルオフィスデンタルクリニックでは入れ歯は嫌だけど、オールオン4は金額的な理由で難しいというかたがインプラントオーバーデンチャーを受けられるかたが多いです。

次に紹介しますが、「自分で取り外せる」ということがメンテナンスが楽でいいという理由で選ばれる人もいます。

5. インプラントオーバーデンチャーのメリット

入れ歯がずれない

インプラントオーバーデンチャーでは、インプラントに入れ歯を装着しますので、従来のただ歯茎の上に乗っている入れ歯よりも安定します。

入れ歯がずれないため、入れ歯がズレて歯茎にあたることによる痛みや、噛みにくいといった悩みから解消されます。

違和感が少ない

上顎の場合は、通常の入れ歯だと吸着をよくするために口蓋部分を大きく覆う必要があります。
インプラントオーバーデンチャーの場合は、インプラントがしっかりと保持してくれるので、口蓋部分をくり抜くことが可能となり、違和感が非常に少なくなります。
また、口蓋部分がなくなることで、食事も美味しく感じられます。

メンテナンスが簡単

オールオン4とは違い、ご自身で取り外しができるため、入れ歯の手入れが非常に簡単です。
そのため、将来的なことを考えて取り外し可能なオーバーデンチャーがいいという方もいらっしゃいます。

費用が安い

全部をインプラントにしたり、オールオン4に比べて、インプラントオーバーデンチャーは費用が安いです。

6. インプラントオーバーデンチャーのデメリット

入れ歯が割れたり壊れたりする

歯と歯茎の部分はあくまでも入れ歯です。そのため従来の入れ歯同様に、割れてしまったり、人工歯の部分がすり減ったり汚れたりすることがあります。

インプラントはメンテナンスを行えば半永久的に使用可能ですが、入れ歯の部分は定期的な修理や交換が必要です。

7. インプラントオーバーデンチャーの種類

インプラントオーバーデンチャーには様々な種類があります。

インプラントと入れ歯を取り付ける部分をアバットメントと呼びますが、アバットメントの種類によってインプラントと入れ歯の取り付け方が変わってきます。

スマイルオフィスデンタルクリニックでは、インプラントの埋入位置、歯茎の状態、患者様のご要望などを考慮してアバットメントの種類を選択しますが、ロケーターアタッチメントとマグネットアタッチメントによるインプラントオーバーデンチャーがほとんどです。

ロケーターアタッチメント

凹凸でインプラントと入れ歯をはめ込む形をとります。
インプラント側に凸、入れ歯側に凹のようなアタッチメント(連結パーツ)をつけることで、凹凸でしっかりはまります。

マグネットアタッチメント

インプラントと入れ歯をマグネット(磁石)で取り付けます。取り外しも簡単で装着感も好評です。

ただ、気をつけて欲しい点として、マグネット(磁石)は磁気を発するため、MRIの検査を受ける際にインプラントに装着したマグネットのアタッチメントを外す必要があります。

インプラントに取り付けられたマグネット(磁石)は歯科医院でしか外せませんので、MRIを受ける際にはご注意ください。

ボールアタッチメント

ロケーターアバットメントに似ていますが、凹凸部分がボール状となっているため、入れ歯をスムーズに装着することができます。

バーアタッチメント

インプラントに取り付けたアバットメント同士を金属のバーで連結し、入れ歯側にも取り付けた部品に装着することでインプラントと入れ歯を固定します。

この方法は連結が非常に強固となる反面、なかなか外すのも大変というデメリットがあります。
当院では今ではほとんど行っておりません。

8. インプラントオーバーデンチャーは部分入れ歯にも対応

部分入れ歯だと残っている歯に金属のバネをひっかけて入れ歯を維持させます。
お口の中は髪の毛1本入っただけでも不快になるほど敏感なので、金属のバネに違和感や不快感を感じるかたがほとんどです。

インプラントオーバーデンチャーの場合、インプラントも入れ歯の維持の役割をしてくれますので、通常の部分入れ歯に比べて金属のバネが少なくすむことがあります。

全くバネを使わないですむというのは難しいですので、インプラントオーバーデンチャーの場合はどのような設計になるかは事前に歯科医師に相談することは大切です。

9. インプラントオーバーデンチャーがおすすめな人

「費用を抑えて快適な食事や会話を楽しみたい」

そのような人にインプラントオーバーデンチャーはおすすめです。

総入れ歯でも部分入れ歯でもインプラントオーバーデンチャーは可能です。

虫歯や歯周病で歯を失った後の治療方法は大きく分けてインプラント、入れ歯、ブリッジの3つですが、今回ご紹介したインプラントと入れ歯を融合したインプラントオーバーデンチャーという選択肢もご検討いただければ幸いです。

それぞれの治療方法のメリット、デメリットを理解したうえで、ご予算にあった最適な治療方法をみつけていくことが大切です。

「入れ歯だから仕方ない」「インプラントは高額だから無理」と諦めずに、ぜひ一度ご相談ください。

スマイルオフィスデンタルクリニックではお一人お一人のご予算にあった治療方法をご提案させて頂きます。

新着お知らせ記事

すべての記事を見る