SMILE office DENTAL CLINIC

西野本院
北海道札幌市西区西野2条6-2-10フェリス西野1F
011-668-6681
地図で見る
山の手院
札幌市西区山の手1条6丁目5-15エルム山の手1F
011-643-6486
地図で見る
旭ヶ丘院
札幌市中央区南11条西22-2-8旭ヶ丘みたかマンション1F
011-552-3266
地図で見る

WEB予約はこちら

アクセス

インビザラインの治療の流れ

STEP01 無料相談
患者様の歯並などのお悩みやご希望などをお伺いします。
STEP02 検査・診断
CT撮影などで口腔内の状態を詳しく調べ、治療の方針をご説明します。
STEP03 歯型の採取
患者様の歯型を採取します。
STEP04 クリンチェック
3Dシミュレーションソフトを使って、治療計画を視覚化。
患者様にも歯がどのように動いていくかを確認して頂きます。
STEP05 マウスピース作製
シミュレーションにそったマウスピースを製造元のアラインに作製を依頼します。
STEP06 治療開始
2週間ごとにマウスピースを段階的に交換しながら装着し、徐々に曲を動かします。
STEP07治療終了・保定
矯正治療が終えたあとも、他の矯正治療と同じく後戻り防止のための保定が必要となります。

01無料相談

「矯正治療は未来のお子様への贈り物です」 担当医やカウンセラーが、患者様の歯並などのお悩みや、ご希望などをお伺いします。当院にも実際にインビザラインで治療中のスタッフやすでに矯正治療を終えたスタッフも在籍しています。矯正治療をしてみての感想や実際にマウスピースを装着した時の見た目などをぜひ直接確かめてく ださい。矯正治療をする、しないに関わらず、わからないこと、不安なこと、聞いてみたいこと、なんでも 結構ですのでご相談ください。ご納得がいくまで説明を受けたうえで治療をするかしないか決めて頂いて構いません

無料相談

  • 当院の特徴

    インビザラインによるマウスピース矯正だけでなく、従来のワイヤー矯正も行っています。 矯正治療の担当医が複数在籍しているため、難しい症例等に関してはカンファレンスを行ったうえ で治療計画をご提案することも可能です。

    また、ご希望の治療期間やお口の状態によっては矯正治療ではなくオールセラミックなどによる 治療で改善可能な方もいらっしゃいます。 そうした矯正治療以外の治療方法もご提案することができるのも当院の特徴です。

02検査・診断

レントゲン撮影・写真撮影・虫歯の有無、歯周病の進行状況などの精密検査を行います。
※検査の際、虫歯が見つかったり、治療が必要であったりした場合は、矯正治療開始前に処置を 済ませるか、矯正治療後でも大丈夫かなど含めて治療計画を立てていきます。

診断と説明へ

技術と設備へ

  • 当院の特徴

    「矯正治療だけでなくお口全体の治療を全て当院で行えます」 私達は矯正治療専門の歯科医院ではなく、各専門領域の歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士がチー ムとなって患者様のお口に携わる総合歯科医院です。

    矯正治療はあくまでも歯並びを整えてあげるという歯科治療の一部です。 矯正治療だけでなく、1本1本の歯からお口全体まで、様々な角度から診査診断を行い包括的な治 療が必要となります。 そうした診査診断から治療、メインテナンスまで全て当院で行うことが可能です。

    もちろん、矯正治療だけ当院で行うなど、患者様のご要望をお聞きしながら最適な治療計画を一 緒に考えていきますのでご安心ください。

    スタッフ紹介

03歯型の採取

患者様のお口の歯型を採取し、
インビザラインの開発元であるアメリカのアライン社に送ります。

  • 当院の特徴

    当院では歯型の採取に光学印象機器「iTero」を使用します。 歯型取りといえば大きなトレイに柔らかい素材を乗せて、それを患者さんのお口の中に入れると いうイメージがあると思います。

    口の中に大きな物が入るので呼吸がしづらかったり、えずいたりして嫌な思いをされた方も多い はずです。光学印象機器は、スティック状のカメラでお口の中を撮影し、3Dデータに変換する最新機器です。

    お口の中を撮影するだけで歯型を取ることができるため、従来の歯型取りと比べて非常に素早 く、快適に行うことが可能になります。 また、採取(撮影)した液型のデータはインターネットを通じてすぐにアライン社に送信される ので、治療開始までの期間を大幅に短縮できます。

04クリンチェック

アライン社に届けられた患者様のデータをもとに、3D治療計画ソフト「クリンチェック」で治療計画を立てます。インビザラインはこれまで世界100カ国以上で700万以上の症例があります。
それらのデータをもとに、AI(人工知能)が「この歯はこれくらいの期間でこう動く」といった分析を行い、患者さまの現在の状態から矯正治療完了時までの歯の動きをシミュレーションします。
こうして作られた高精度のシミュレーションデータをもとに担当歯科医師が最終的な治療計画を立てていきます。

  • 当院の特徴

    クリンチェックにより、歯がどれくらいの期間で、どのように動いていき、最終的にどのような歯並びになるのかを、パソコン画面上のシミュレーション動画で患者様ご自身が確認することができます。

    ゴールがわからないまま、長い矯正治療を受けることは非常に不安なことです。

    そのためスマイルオフィスデンタルクリニックでは安心して矯正治療を受けて頂くために、クリンチェックで患者さまとゴールを共有してからインビザラインを開始してまいります。

05マウスピース作製

患者様の同意を喪たシミュレーションデータをもとに、パソコンで「治療開始から終了までの2週間ごとのまの状態」を再現し、2週間ごとの並びの形をしたマウスピースを一度に作製します。
マウスピースの作製はアライン社で行われますが、ここでも最先端技術が導入されています。
シミュレーションデータからCADデザインソフトで設置し、アライン社が独自開発した光造形技術を用いて、3Dプリンターで全てのマウスピースを作製します。
歯科医技工士の経と参希に左右されない「安定した品質」のマウスピースを作ることができるのです。

06治療開始

アライン社から作製されたマウスピースが約2週間後に歯科医院に届きます。
着脱の練習やお手入れの方などの説明を行ったうえで、患者様にお渡しして治療開始となります。基本的には1ヶ月に1回ご来院頂き、その際に次回の来院までに使用するマウスピースをお渡しします。
通院の時間が取れない、出張で次回の来院間が空いてしまうという方には次回まで使用するマウスピースをまとめてお渡しすることも可能です。
ただし、IPRやアタッチメント取り付けのタイミングも全て計画されていますので、そうした処置が必要なときはお越し頂く必要があります。
また、シミュレーションどおりに歯が動かないということもありますので、原則として1ヶ月に1回はご来院頂いたほうが安心です。
ワイヤー矯正と違い、マウスピース矯正は患者様のご協力がないと成り立ちません。

マウスピースの取り扱いについて

  • マウスピースは2週間ごとに、次の段階(ステージ)の新しいマウスピースに交換します。

  • 最低でも1日18時間以上装着して下さい。
    食事や歯磨きの際には外し、それ以外の時間は極力装着するようにして下さい。

  • マウスピースは清潔にして下さい。
    マウスピースに付着した菌が原因で虫歯や歯周病が進行してしまう恐れがあります。

07治療終了・保定

全てのマウスピースをつけ終えたあと、歯の後戻りを防ぐため、保定装置(リテーナー)を装着します。
リテーナーの装着期間が終われば、矯正治療は終了となります。
インビザラインに限らず、どの矯正治療でも、矯正装置を外すと物は元の位置に戻ろうとしてしま うため、歯並びが正しい状態で安定するまでの間、リテーナーと呼ばれるマウスピースを装着しなければなりません。
この歯の後戻りを防ぐためにリテーナーを装着する期間を「保定期間」と呼びます。
保定期間は一般的には矯正期間とほぼ同じくらいの期間となります。

関連コラム

記事一覧